スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

2017年 あけましておめでとうございます。

2017-01-01
あけましておめでとうございます。

さてさて、新しい年になって「今年の抱負」や「目標」なんぞを

考えたり、絞り出したり・・・・いつもそれらしい文言を並べて

おりますが、それが叶ったためしがないような・・・・・・。



それでもヤッパリなんとなく無しって言うのも寂しいので

今年も目標を立ててみました。

「とにかく頑張る!!」

色々と趣味も多いので、どうしても妥協してしまう所が

あるのですが、金銭的な事は別にして、やれば出来る事まで

適当で済ましてしまうことが、増えたような気がしますので

ここは少し引き締めて、ガンバって見ます。


なんとなくフワッとした目標ですが、実践するとなると

結構スパルタンかもしれません(汗)

まあ、これくらいしたって大丈夫でしょう!! 



さあ、新年からやることが山積みです。

3年1化になると思っていた徳之島のアママルが

全部、蛹化してしまっているので、羽化したら

どんどんセットするのでその準備もしなくては・・・・。

tokumaru 1


ドリゴのアウラタやパプキン、インスラリスなんかも即ブリです。

パラワン、ホワイトアイマレーアンテ、ホワイトアイギラファなどの

セットも作らないといけませんし、ミクラミヤマのマットも作らないと

いけません。

まあ、とにかく頑張ってみます。




でも釣り行きたいなぁ~!!



あっ・・・・・・そういえば今日出勤だった(汗)

リベンジ!!  ラトゥスマルバネクワガタ  (タイ チェンマイ産)

2016-12-23
今年は、夏に石垣島に入ったものの、家族サービスのため

クワガタ採集は、サキシマヒラタのみで本格的な採集は

できない状態でした。 西表にもその時に入る予定でしたが

台風10号がウロウロしていたので、それも諦めて観光と

買い物で終わってしまいました。

isigaki2016.jpg


その後も台風が次々に発生したため、今年のチャイロマルバネの

採集は諦めざるを得ませんでした(泣)・・・まあ本当に厳しい「裏年」

だったようで、ほとんど現地でも採れていないなか、タイミングが

うまく合った方は、ごく少数ですが採集できたようです。


そんな方から、チャマル用産卵マットの作成依頼があり、材料も

揃えてないので、お断りしたものの「どうしても作って欲しい」との

熱意に負けて作成しました。

でも、依頼された量をキッチリなんてできないので、結構余っちゃいましたが

使う虫もいない・・・・・ちょうどむし社にラトゥスマルバネクワガタが入荷している

との、情報があったので早速購入しちゃいました。


ラトゥスマルバネクワガタ 1

綺麗でしょ~~!!

サイズもチャマルぐらいで可愛いマルバネクワガタです。

今回はタイ産ですが、昨年はベトナム産のラトゥスマルバネクワガタの

産卵に失敗して、わずか数頭の幼虫を得られただけと、惨敗でしたので

何とかリベンジしたいと思ってたので、願ったり叶ったり!!

リベンジじゃ~~!!


前回は適当に通常のマルバネセットでしたが、地上をウロウロするタイプの

マルバネは、もう少し工夫が必要ですので、余ったチャマル産卵マットで

セットしました。 それとこのタイプのマルバネは卵の採卵はしない方が

いいような気がします。

そうそう、容器は小ケースで十分ですよ。

あれから約2ヶ月・・・・・。

ラトゥスマルバネ 4

久しぶりに様子を見てみると・・・\(^o^)/幼虫がこっち見てる

  リベンジ成功~~!!

数も結構見えるので、専門用語でこの状態を

「爆産」と申します(笑)

まだ、数ミリの小さな幼虫ですので、後1ヶ月はそのままかなぁ~?

ちなみに幼虫飼育は普通のマルバネマットで大丈夫です。

大型血統 本土ヒラタ

2016-12-20
今年も色々なクワガタを入手しましたが、その中でも

印象に残る個体は、この本土ヒラタかも知れません。

とにかく、圧倒的なサイズと存在感!!

自分の知っている本土ヒラタの域をはるかに超える

個体で、さすがに唸ってしまいました(笑)


同時に、これだけの血統を選別して作出された方の

根気と力量は私の及ぶ所ではありません。

まあ、とにかく頑張って大きくするために、大きな菌糸ビンを

用意しなければ・・・・・当然、たくさんの個体の飼育はコスト的に

無理があるので、少数に限って思いっきり贅沢をさせてみようと

思っています。





1回目の産卵は2週間ほどで切り上げて、少しの幼虫を

850ccの菌糸ビンに入れて様子を見ていますが、結構

大きくなってるような感じです。私の知っている本土ヒラタの

成長スピードではありません。

と言う事で、次の菌糸ビンは、オス:3L、♀:1.5Lに入れる

予定で準備していますが・・・・ちょっとやりすぎかもしれません。

とにかく出来る事は全てやっていこうと思っています。

最低でも、親腫に使った♂の77mmは越したい所です。

gaojigger-img499x374-1482161185fqtpey1332.jpg

全ての幼虫を飼育出来ないので、オークションに

出品しております。

大型の作出に挑戦してみて下さい。


譲って頂いた方のお話だと、

「ちゃんと菌ビンを交換すれば75mm以上は普通に出てきますよ」

っておっしゃってました。





また紀の川河口で遊んできました。

2016-11-06
今日も紀の川河口で遊んできました\(^o^)/

6時頃に到着したのですが、本命ポイントには先客が・・・・・。

でも、いいんです。

今日の潮ならこのポインで釣れるのは、10時以降の満潮から

下げ潮に変わってからのタイミングだと思ったので、その他の

ポイントをチェックして回ります。


まあ、他のポイントもこの潮ならダメなのはなんとなく分かっていたので

ほとんど散歩状態でブラブラしているだけです。

エサ釣りの地元の方と談笑しながら、地合を待ちます。しかし潮が悪いと

ハゼすら釣れないので、面白いもんです。



時間が来たので、本命ポイントに入ると、予想通りパタパタとヒットします。


本当に潮の影響はすごいですね。朝から責められ続けたポイントでさえ

まるっきり別のポイントに生まれ変わってしまいます。



今日もマゴチとメッキ(ロウニンアジの幼魚)をなんとか確保できましたので

お昼前には帰路についておりました。

近々また来てしまいそうです(笑)

フラットフィッシュ狙い

2016-10-30
久々にホームグランドでルアーを振ってきました。

和歌山の紀の川河口は、小学生の頃から走り回っていたので、

自分の庭の様な釣り場ですが、最近はややご無沙汰でした。


本当は、マットの仕込みやら詰めなくてはいけない菌糸ブロックも

少し残っているんですが、取りあえず放置して行ってきました (#^.^#)



ヒラメ・マゴチ狙いなので、ゆっくり目の到着です。すっかり明るくなって

いますが、これから下げ潮が効いて来るので、3~4時間程度の

釣りになります。



タックルは、MHアクションの11ftのシーバスロッドに、シマノの

4000番のリールを組み合わせて、PEの1.5号・・・・・・

ブリでも釣るんですか?って位のスパルタンなタックルです。

魚のサイズを考えると、もっとライトなタックルでいいんですが、

根掛かりしても、フックを伸ばして回収出来るようにとの思いと

ヒットさせた魚は全て獲ってしまう気合の現れです(笑)


最近のフィネスなタックルは、確かに釣りの精度は上がりますが、

テクニックも伴わないのに、情報に踊らされて細いラインを

使う方が増えていますので、それに関してはやや疑問を

感じています。必要に迫られて、極端に細いラインを使うことも

ありますが、基本的な考えは可能な限り安心できる強度の

ラインを使うようにしています。


さて、肝心の釣果ですが、到着して1投目であっさりと

ヒットしちゃいました~~!!

60m程の距離でヒットしたので、ゴリゴリとタックルの強さに

ものを言わせて、寄せてくると意外と良いサイズで、慌てて

ネットを用意して取り込んだのが65cmのスズキです。

IMG_20161029_070458.jpg

その後は、足元を1m近い大きなスズキが泳いでいくのを

見て、慌ててルアーを投げましたが、反応することもなく

静かな時が流れて行きます。でも楽しくて全く休憩もなしで

釣り続けて、やっと足元でヒットしたのがこいつです。

IMG_20161029_091803.jpg

45センチのマゴチちゃん!! 見るからに美味しそうです。

これで、今晩のおかずは確保できたので、10時過ぎには

終了して帰路につきました。


帰ってからスズキはフライ用に、マゴチは薄作りにして

アラは下処理をして、味噌汁の具材にしました。

山盛りのフライもお刺身も本当に美味しく、どんどん

なくなっていきます。写真も撮るのも忘れて、あっという間に

完食でした。  特にマゴチの薄作りは甘味も強くて

大好評で家族からも「また釣ってくる様に!!」とのありがたい

お言葉を頂きましたので、近々出撃します。

<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
プロフィール

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!!水槽は40本ありますが、小型水槽が好きですので、エビの数は・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。