初公開?ミクロで迫る!!アマフロのボワボワ!!

2012-02-11
皆さん こんばんは

さて今日は、アマフロなどの浮き草の、ヒゲ根につく茶色の

ボワボワの正体に迫って見たいと思います。

あの~~~マニアック過ぎませんよね。仮説や私見も多いの

適当にご覧下さい。

下の写真は、少しだけゴミの様な物が、付いていますが、

ほぼ正常な状態のヒゲ根です。

ヒゲ根自体は、肉眼では細かい所までは、ハッキリとは見えません。

ボワボワ2

これを、拡大して観察すると・・・。

ボワボワ3

まあ、予想どおり、ほとんど何も付いていない状態です。

しかし、この写真ならどうでしょう?
ボワボワ1

明らかにヒゲ根は、肉眼でその先端まで確認できます。

また、色もやや茶色になっています。なぜ、目視出来るように

なったのでしょう? 

それが、明確になるのが次の写真です。
ボワボワ5

ヒゲ根から、突き出るように、やや黄色~茶色の立方体が、

たくさん観察できます。

この立法体は、おそらく珪藻仲間で、植物性プランクトンと

思われます。これが、ヒゲ根のまわりに付くことによって

茶色にみえ、見た目の直径が太くなるので、肉眼で確認できる

「ボワボワ」となるのです。

植物プランクトンが付くと、当然、食物連鎖がはじまりますので

こんな生物も観察されます。
ボワボワ6

ほとんど透明ですが、オレンジ色の点々をまとった

細長い線虫の仲間でしょうか?非常に活発に動き

まわっています。(キモイ・・・)

それに、今回は珍しい生き物も、発見しました。
ボワボワ7

アメーバの仲間です。動きは非常にゆっくりですが、偽足を

だして、移動していきます。

食物連鎖は細菌やプランクトンを、基軸として、非常に小さな

エリアでも、成立してしまうんですね。

そもそも、「ボワボワ」は、水槽のバランスがやや崩れた状態で

見られる事が知られており、多くの飼育者が指標にしています。


ただし、この状態になったからと言って、直ぐにエビに影響が

あるかと言えば、それは当てはまらないことも、ありますので

神経質になる必要はないように思います。

植物プランクトンの増加は、水槽の富栄養化の影響もありますので

水換えや、ソイルを洗うなどの処置も有効なこともありますが・・・


放置と言う手もあります(笑)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバック:
トラックバック URL:
http://c12345.blog.fc2.com/tb.php/43-0d936c9a

コメント:
初めまして。実は前回の「餌に付くボアボア」も含め、読ませて頂いていました。顕微鏡シリーズ(勝手にシリーズにしてしまった。)、とても興味深く楽しみにしていました。第二弾だったので嬉しくてコメさせて頂きます。

私も常々「餌」と「フログピットの根」につくボアボアの正体を顕微鏡で見てみたい欲求がありましたが、叶えて頂きました。

しみじみ興味深いですね。とても参考になりました。
私自身はボアボアが有るときはイマイチ調子が悪いと判断していました。
ただその後の対処策はどうしてよいか明確ではありませんが、、。

これからもシリーズが続く事を願っています。

では、ポチッ。
[2012/02/11 17:11] | ias379 #MlQgtKFg | [edit]
アマフロのボアボア!
六畳一間のエビさんの今回の記事を見て、頭の中が
スッキリしました(笑)
アマフロの「ボワボワ」は、色々な記事から、水槽の
バランスが、やや崩れた状態だと思ってました。

でも自分の頭の中では、あの茶色の「ボワボワ」、
きっとプランクトンも付いていると思い、茶色の
ボアボア付きのアマフロを、新しくセットした水槽を
早く立ち上げるために、入れたりしてました(^.^)

これからは、アマフロの「ボワボワ」は、水槽の
富栄養化の影響として、定期的な水替えをして、
放置と言う手にします(笑)

六畳一間のエビさん、今回の記事も、とっても参考に
なりました。ありがとうございました。
[2012/02/11 21:19] | ★☆Vitamin Bee☆★ by Kazu #- | [edit]
いや~ びっくりです。
やっぱり観察重要ですね!
[2012/02/12 08:47] | くま #- | [edit]
すご~い!!
ミクロの世界、初めて見ました(^O^)/
茶色のボワボワの中で、
食物連鎖が・・・
勉強になりましたm(_ _)m
水槽の中って、眼に見えないことばかりだけど、
本当にいろいろなことが起こってるんですね~♪
[2012/02/12 18:43] | 桜心 #.rEgMis2 | [edit]
ias379さん

楽しみにしていて頂けて、本当に嬉しいです。
ややマニアックなので、ご覧頂いている方が
引いていないか、少し心配でした。

対応策に付いては、非常に難しいと言うのが本音です。
水槽の状態は、どんな水槽でも「波」の様なもので、
良い時期と悪い時期があります。良いときが多い水槽は
悪い時が少ないので、気になりませんが、悪い時期が
長い場合は、目に見えて気になります。

一時的な物なのか、そうでないのかは、経験や観察眼が
必要になりますが・・・。全て同じ対応ではダメな様に
思います。(私の場合しばしば失敗しますが・・・)


Kazuさん

参考になって良かったです。
まあ、核心に触れる部分は、まだまだ判らない事が
多くて、少しずつ対処方法を見つけて行きたいと
思います。
水槽の周期的な変化などにも、ヒントがあるかも
しれませんが、水槽の数だけ原因はあると思いますので
簡単ではないかも知れません。


くまさん

お世話になります。先日はご連絡が遅れて
申し訳ありません。

観察の大切さは、日々実感しています。
エビの調子が、悪くなったあとから、
「そー言えば、2~3日前に・・・」なんて
後から気が付く事が、多々あります。
水槽から出ている「サイン」を見逃して
いたりします。


桜心さん

あのボワボワの中で、結構凄いことが
起こってました・・・(笑)
ある程度の、予想や仮説は立てて、顕微鏡を
覗くのですが、浅はかな予想は、いとも簡単に
崩れるれしまいます。

まだ、色々ネタはありますので、お楽しみに!!


[2012/02/12 22:18] | 六畳一間 #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

六畳一間

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!!水槽は40本ありますが、小型水槽が好きですので、エビの数は・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ