梅雨グレ開幕~!!

2016-07-11
最近は、毎週のように岸和田周辺へ釣りに行ってます。(^-^)/

この時期になると、水温が上がってグレが活発になると同時に

エサ取りの小魚の活性も良くなってしまい、なかなか釣りづらい

状況になってしまいますが、「ヌカ切り」でなんとかかわせています。


ダンゴの扱いは和歌山で、小学生の時から鍛えられましたので

手慣れたもので、配合も全て自作で釣り場に合わせて行っています。

まあ、特に変わった事はしていないので、いたってシンプルで

なにより「安上がり」な事が重要です・・・・・エサ代が高くなると回数が

減ってしまいますので、なるべくお財布にエコな設定です(^∇^)

だいたい、食わせエサの石ゴカイ500円を入れても700円~800円程度

でしょうか? 釣っている時間も朝の5時頃~10時頃までです。これ以上の

釣ると暑くて溶けてしまいそうなので、夏場はこんなもんです。



写真の魚たちは、友人と2人での釣果ですが、スカリで活かしておいて必要な分だけ

持って帰るようにしています。大きさは24~28cm位でコッパグレも写っていますが

最後は海にお帰り頂いています。



安上がりな釣りの割には、釣果は結構ありますので、毎週グレのお刺身と

塩焼き、煮つけなど楽しんでいます。

それと不思議な事に、ここのグレは臭みが無いんです!! 三重や南紀でも

グレは釣ってきますが、夏場は塩焼きにすると少し磯臭いのですが、ここのグレは

ビックリする位に臭いも無く、いつも美味しく食べています。


この日は、潮の流れもほどほどで、釣り易かったのですが、エサ取りにマイクロサイズの

チャリコがいましたので、エサの消費が激しく9時にはエサ切れになりそうで、予備の

オキアミなんかで、お茶をにごしますが見事にアタリません!!

また、石ゴカイを付けるとウキが「ス~~~っと」入って行ってグレが釣れてきます。



見事に反応するエサが、決まってしまっており、帰りに知り合いに声をかけても

「石ゴカイにしか反応しない!! オキアミも練り餌もダメ!!」って

答えが返ってきました。なんでオキアミ食わないんだろう?


昔は大阪湾でグレなんか釣れませんでしたが、温暖化の影響か?グレも釣れますし、

お盆を過ぎれば、この場所でもアオリイカの新子がエギで釣れ出します。



この周辺で秋までの色んな釣りが楽しめますので、当分の間はここで良いかな?






スポンサーサイト

トラックバック:
トラックバック URL:
http://c12345.blog.fc2.com/tb.php/181-2542284f

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

六畳一間

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!! クワガタやビーシュリンプに囲まれています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ