フラットフィッシュ狙い

2016-10-30
久々にホームグランドでルアーを振ってきました。

和歌山の紀の川河口は、小学生の頃から走り回っていたので、

自分の庭の様な釣り場ですが、最近はややご無沙汰でした。


本当は、マットの仕込みやら詰めなくてはいけない菌糸ブロックも

少し残っているんですが、取りあえず放置して行ってきました (#^.^#)



ヒラメ・マゴチ狙いなので、ゆっくり目の到着です。すっかり明るくなって

いますが、これから下げ潮が効いて来るので、3~4時間程度の

釣りになります。



タックルは、MHアクションの11ftのシーバスロッドに、シマノの

4000番のリールを組み合わせて、PEの1.5号・・・・・・

ブリでも釣るんですか?って位のスパルタンなタックルです。

魚のサイズを考えると、もっとライトなタックルでいいんですが、

根掛かりしても、フックを伸ばして回収出来るようにとの思いと

ヒットさせた魚は全て獲ってしまう気合の現れです(笑)


最近のフィネスなタックルは、確かに釣りの精度は上がりますが、

テクニックも伴わないのに、情報に踊らされて細いラインを

使う方が増えていますので、それに関してはやや疑問を

感じています。必要に迫られて、極端に細いラインを使うことも

ありますが、基本的な考えは可能な限り安心できる強度の

ラインを使うようにしています。


さて、肝心の釣果ですが、到着して1投目であっさりと

ヒットしちゃいました~~!!

60m程の距離でヒットしたので、ゴリゴリとタックルの強さに

ものを言わせて、寄せてくると意外と良いサイズで、慌てて

ネットを用意して取り込んだのが65cmのスズキです。

IMG_20161029_070458.jpg

その後は、足元を1m近い大きなスズキが泳いでいくのを

見て、慌ててルアーを投げましたが、反応することもなく

静かな時が流れて行きます。でも楽しくて全く休憩もなしで

釣り続けて、やっと足元でヒットしたのがこいつです。

IMG_20161029_091803.jpg

45センチのマゴチちゃん!! 見るからに美味しそうです。

これで、今晩のおかずは確保できたので、10時過ぎには

終了して帰路につきました。


帰ってからスズキはフライ用に、マゴチは薄作りにして

アラは下処理をして、味噌汁の具材にしました。

山盛りのフライもお刺身も本当に美味しく、どんどん

なくなっていきます。写真も撮るのも忘れて、あっという間に

完食でした。  特にマゴチの薄作りは甘味も強くて

大好評で家族からも「また釣ってくる様に!!」とのありがたい

お言葉を頂きましたので、近々出撃します。

スポンサーサイト
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

六畳一間

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!!水槽は40本ありますが、小型水槽が好きですので、エビの数は・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ