キンオニクワガタ 累代継続の危機回避

2016-06-22
今年のキンオニクワガタの産卵セットは4セット組みました。

予想外の産卵数で、オークションにも出品していますが、ちょっとしたミスで

産卵セットが組めない可能性もありました・・・汗



キンオニクワガタは国産クワガタの中では、独特なフォルムで対馬にしか

生息しないと言うある意味貴重なクワガタです。オスは35mm程度で小型の

クワガタですが、なかなか美形で大好きなクワガタです。

キンオニ2

今年はちょっと気が緩んで、「まあ、大丈夫だろう」って余裕をこいていたら

メスの羽化が始まっており、肝心のオスがまだ幼虫・・・・・・ヤバイ!!

このままでは、メスの寿命が持たない・・・・・・せっかく別血統を用意していたのに

結構ヤバイ!! 

本気でヤバイ!!

と言う事で、某所であぶれていたオスを召喚して、5メスに交配して

セット直前に1メス★になったもの、なんとか4セットできた次第です。


まあ、オスも符節が2個しか残っていない「限界」が近い個体でしたが

いい仕事をしてくれました。4メスともご懐妊でしたので、なかなか優秀です。


セットは材なしで、やや粗め粒子が混ざった完熟無添加マットそのままと、

そのマットをふるいにかけて微粒子にした物との2種類のセットを使用しましたが、

圧倒的に微粒子に軍配が挙がりました。


マットの量も小ケースに半分程度しか入れていないケチケチセットと言うか、マットが

少ない分、転倒防止の水苔はタップリと入れて、マットの不足を水苔で補うという

全く意味のない事までしておりました(笑)



マットはたくさん在庫はあるのですが、キンオニ用に作っていたマットをインスラリスに

使っちゃったんで、完熟マットが間に合いませんでした(笑)  数日あればなんとか調整

できるのですが、その数日も待てない状況でした。


結果は・・・

微粒子の方は53頭の初2令を得られましたが、粗い粒子のマットは25頭程でした。

3セットの割出は終わりましたが、あと1セットは3令まで放置してから割り出して

120ccのプリンカップ1回で羽化まで持っていこうと思っています。


前回は残していた個体も少なかったので焦りましたが、今回はしっかりと

数を残しておきたいと思います。


スポンサーサイト
カテゴリ :クワガタ トラックバック:(-) コメント:(0)

ピカピカ~~!メタリフェルサンギレンシス!!

2016-06-15
どうしても、苦手なクワガタが数種類あります。

その中の一つが、キクロマトスの系統です。


以前はそれなりに、カウピやらマルガリータなんかも飼育していた記憶が

あるのですが、最近は絶不調です。

ブリードもそうですが、ほしいキクロが出品されても、タイミングが合わずに

落札もできない(T_T)

ここはワイルドのメタリなんかで、出直そうとしてもボーッとしている間に

オークションが終わってたり・・・。


そうこうしている間に、サンギレンシスの出品を発見して、

意地でも落札してやる~~!!っと頑張って落札しました。

それも即ブリで2メスも付いてる。それを2つも落札したもんですから

一気に4メスをセットすることに・・・これでダメなら・・・もう買いません(笑)

サンギレンシス赤系

サンギレンシスはオスの光沢に魅せられて、以前から気になっていた

種類ですので楽しみです。

サンギレンシス緑系


メタリの累代のコツは、♂♀の羽化ズレが激しいので、わざと小さい目の

オスを作っておくか、小さな容器でダラダラ産卵させて孵化をずらして

♂♀の羽化を合わせていくか?

まあ、キクロが苦手な私が言うのも、説得力がありません。育て方は

判っていますが、産卵が苦手なだけです。そんなに難しい種類では

ないはずなんですが、苦手なものはどうしようもありません。

まあ、相性が悪いのでしょうね。


さあ、頑張って産卵させますよ~~!!
カテゴリ :クワガタ トラックバック:(-) コメント:(0)
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

六畳一間

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!! クワガタやビーシュリンプに囲まれています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ