また、マルバネの採取禁止が広がりました。

2016-02-12
ご無沙汰しています。

次の更新は「梱包の方法」を紹介しようと思っていたのですが、

大きなニュースが飛び込んできました。


実は、昨日まで知らなかったのですが、やたらにオキマルが

落札されるので、不思議だなぁ~って思っていたのですが、

オキナワマルバネとウケジママルバネが国内希少野生動物種に

指定されるようで、もうすぐ採取・販売・譲渡が禁止される事になりそうです。



個人的にブリードするのは問題ないので、早い目に入手しておかないと

入手できなくなりますので、それでたくさん落札されていたようです。



まあ、ブリードは継続しますので、個人的には問題ないのですが、

悔やまれるのは「ウケジママルバネ」を入手できなかった事です。

縁があればその内、入手出来るだろうとのんびりしていましたが、

残念でなりません。



これはオキマルの画像になります。やっぱり、かっこいいですよね~。



まあ、この種の保護のためには、仕方ない事かも知れませんが、

オキマルって減っているのですか?採取のほとんどはハブがいるので、

国道に出てきた個体をルッキングでの採取ですが、これで減るのかな?


ヨナグニマルバネは確かに生息場所が小さく乱獲された?って言ってますが

むしろ開発が大きな原因です。


石垣のヤエマルは基本的には、登山道近辺のスタジイの大木を夜間にルッキング

することで得られますが、山奥まで入る事はほとんど出来ませんし、以前と変わらず

キャッチされていますので生息数は保たれているように思います。


チャマルも昼間のルッキングで採取しますが、道路に出てきているような個体は

ほとんど産卵後ですので、採取しても特には影響はないように思います。

幼虫の採取は、コツさえわかれば可能ですが、一般的になる前に規制が

されましたので、これも出来ません。


となると、残された聖地は「西表島」そこに生息する、ヤエマル、チャマルが

現在、日本で野外採取できる唯一のマルバネクワガタです。


しかし、おそらく・・・多分・・・この流れだと近シーズン前か来シーズンには

同様の規制が出来るような気がします。

その前に頑張って集めねば・・・汗

ブリードはまだまだ楽しめますよ~!!
スポンサーサイト
カテゴリ :クワガタ トラックバック:(0) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

六畳一間

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!!水槽は40本ありますが、小型水槽が好きですので、エビの数は・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ