スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

脱皮!! こんなの出ました~!!

2012-02-29
皆さん こんばんは

今日は関東方面で、大雪でしたが、大丈夫でしたか?

明日から、3月がスタートしますが、「3月」と言うだけで

何か春めいた気分になって、特に理由もなく楽しくなってきます。


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、はげみになります。(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



そろそろ、ダムへ、海へ忙しい季節になりますので、どこへ釣りに

行こうか?悩んでしまいます。これからは、ヘラブナ釣りも苛酷さを

まして、誰一人いない湖面に、あやしく光る電気ウキをながめながら、

あまりの寂しさに、友人に電話しながら、夜釣りをします。

たかが、フナ釣りに夜釣りなんて・・・と言わないでください。

でも、本当に怖い時もあります。お化けについては、特に何も感じませんので

大丈夫なんですが、釣りをしている横の林から、大きな鹿が突然でてきたり

イノシシが後ろを走りまわったりと、にぎやかな夜の動物園の開園となります。





それも決まって、満月の夜です。





エビも、満月の夜に脱皮~抱卵となることが、多いと聞きます。

個人的には、あまり意識したことが、無いのですが、確かに

生物の活性は、上がるように思います。







今回、写真に収めたのが、この究極の脱皮です。






大きな抜け殻から 黒ビーが!!




脱皮

スイマセン・・・。

あまりにもタイミング良く、出てきたので、面白い写真になりました。

食べるかなぁ~~って思って入れた、アブラゼミの抜け殻ですが

何日たっても、さほど変化はなく、ほとんど水槽のオブジェとなって

おり、まるでエビのアトラクションです。


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、はげみになります。(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

旧アマパウ やっぱり凄い!!

2012-02-28
みなさん こんばんは

最近、少し仕事が忙しすぎて、更新も遅れがちですが、

たくさん、紹介したいことが有りますので、少々お待ち下さい。

悪いことは、重なるもので、出先のスタッフがご家族の介護で

応援を依頼されたので、快諾したとたん、こちらのスタッフが

入院してしまい。予定が立たない状態になるし、スタッフの具合も

心配だし・・・。まあ何とか乗り越えられそうですが、あとなにか1つでも

狂うと・・・怖いです。

無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村





さて、今日はパンダ水槽です。

アマパウ4

この水槽には、10匹ほどの孵化したての、パンダやらターコイズやらを

入れています。

アマパウ5

12月12日に作った水槽が、10日あまりで亜硝酸が出て、1月1日には

出来上がっています。2週間で完全に立ち上がっていますので、私の所では

平均的な期間で順調に立ち上がった水槽です。1月5日にエビを入れました。

アマパウ1

まあ、成長の早いこと・・・。

大きい個体は2㌢近くなっており、ターコイズは卵巣もしっかりと観察出来ます。

ご多分に漏れず、シャドー系の成長は、ビーシュリンプに比べて、遅いのですが

今回は、2ヶ月もかからず親サイズになりました。

1匹の★もでずに、2ヶ月間足し水だけです。TDSは130ppmでコントレックスと

ミネリッチで調整しています。原水が60ppmですので、少ししか入れていないことに

なります。以前は、200~300ppmでしたが、最近は低い目で十分になって

来ています。80ppmで管理しているシャドー水槽も順調ですので、慣れると

ほとんど問題ないのかも知れません。

しかし、旧アマパウはやっぱり期待を裏切りません。

アマパウ3

しかし、大問題です。

在庫が・・・

あとこれだけです。

アマパウ2

せいぜい、M水槽2本分ぐらいかな?

NEWアマパウの水槽も作っていますが、まだ、立ち上げ中ですので

しばらくかかります。見た感じは、水草の様子からも期待は出来そうですが、

相変わらず、お値段も高いですね。

旧アマパウは、オークションでも凄い価格で、落札されていますが、

この安定感は、高くても損はしないかも知れません。

でも、フルビックパウダーもなかなかの実力ですので、こちらも

シャドー系で検証できたら、報告しますね。

ちなみに、立ち上げには、市販のバクテリアや添加剤は全く使用

していません。あくまで自然なものを少し入れるだけで、特別な

方法はとってません。お財布にも優しい方法ですので、機会が

有ればご紹介します。


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


このエビ・・・苦手です。

2012-02-26
皆さん こんばんは


今日も、ブリードルームの整理で、一日が終わってしまいました。

少し片づけては、エビをじ~~~~っとながめ、ちょっと動いては

エビをじ~~~~~~っと見つめ・・・。終わるわけがありません。

まあ、おかげで1つの水槽の、選別が終わりました。100匹ほどから

最終は15匹までに、絞りましたので、取りあえずこの水槽はこのまま

様子を見ます。


さて、このエビですが・・・

ゴールデンアイ2

ゴールデンアイ1


ゴールデンアイです。

こいつが、けっこう苦手です。

ブラックダイヤもそうなんですが、少し増えてはポツポツ★に

なって、またもとの数に・・・また少し増えては・・・

こんな事を繰り返しています。

さほど力を入れていないのも、原因なんでしょうが、

友人の所では、ビーシュリンプと同じ条件で勝手に増えていくと

いうのに・・・。


今年の目標として、今さらですが・・・。

「ゴールデンアイを増やす。」

もちろん、ビーシュリンプと同じ条件で!!(進歩ないですが・・・)

頑張ってみます。

結果は、数ヶ月後にレポートします。レポートがなくても

そっとしておいて下さい(笑)

無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


ちょっとだけ・・・お見せします。

2012-02-23
みなさん こんばんは

私のブリードルームを少しだけ、お見せします。別にもったいぶっている訳では

ありませんが、只今、整理中ですので、後半分のスペースは、モザイクが必要な

くらいに、ゴチャゴチャしています。

現在、45本程ですが、部屋を整理して、取りあえずあと20本の水槽を

置く予定です。


部屋11

メタルラックに置いていますので、重量でやや反っていますが、何とか

のっかっています。

見てのとおり、エーハイムなどの外部フィルターは使用していません。45㌢水槽で

外掛けフィルターに自作スポンジを付けた濾過と、ブリーディングフィルターまたは

水作などの、ブクブク系を入れて終わりです。

底面フィルターも少し使ってますが、もう少し増やしていく予定です。 


90㌢の幅に、45㌢水槽:2本とL水槽:1本が、きちきちに

収まっています。

ライトは、90㌢の幅に対して、60㌢水槽用が1本だけしか

照らしていませんが、ライトの反射板にアルミホイルを貼ったりして

涙ぐましい努力で、何とか光量を稼いでいます。電球は言わずとしれた。

部屋3

部屋4

この蛍光灯は、水草にもお財布にも非常にありがたいので、

ほとんど、ホタルック(FRESH)が入っています。

20Wの2本セットで、近くのホームセンターで激安の498円!! 

多分価格は、間違っているように思いますが、何年もずっとこの価格で

非常に助かってます。

こちらのサイドは、S水槽のコーナーです。

部屋2

下の段の右から2番目・・・アマゾン化したパンジーの土水槽です。

現在、大変な事になっていますので、少し放置して様子を見ています。後日また

レポートしますね。

これ以外に、2つのラックがあります。この状態で 六畳の半分くらい使用して

いるだけですので、小さい水槽は数が置けます。

水道も無いので、苦労しますし、出来れば水槽は、横向きに置きたいですね。


この状態を見かねた奥さんが、「駐車場の上に、ブリードルーム建てる?」と

言ってくれますが、ただいま、考え中です。



無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村




絶好調水槽のセッティング内容

2012-02-21
皆さん、こんばんは

昨日は仕事が忙しく、更新できませんでした・・・(;^_^A アセアセ・・・


去年の夏頃までは、けっこうソイルは厚めに、しいていたのですが

その頃から、薄く敷いてどうなるか?長期に持つのか?水草は?

などなど、検証してみたかったので、順番に4本ほど作ってみました。


<セッティング内容>

水槽サイズ:M(容量18㍑)

ソイル:フルビック パウダー(2㎝)

濾過:ツインビリーとスドー ブリーディングフィルターM

水草:ハイグロ、ラージパールグラス、ミクロソリウム+流木(小)
    モス+竹炭

バクテリア:使用せず。

水:水道水(TDS:60ppm)マーフィード濾過でカルキを抜いています。

添加剤等:コントレックス又はミネリッチで120ppmに調整


バクテリアの代わりに、調子の良い水槽の水を、3㍑ほど入れています。

立ち上げに1ヶ月ほど放置して亜硝酸が出ていないことを確認して、

親エビが5匹・稚エビが5匹の合計10匹のエビからスタートでした。

下の写真の水槽で、エビを入れてから5ヶ月経過しています。

好調2

縦置きにしていますので、水草で半分から奥は、ほとんど見えませんが

エサを入れると、わさわさと出てきます。グレードは、綺麗な個体で

スタートしたので、日の丸~モスラがほとんどで、バンドはごく僅かしか

出てきません。

数えたら、大小合わせて約300匹ほどになっています。

好調1

M水槽では、この数が限界かと思いますので、そろそろ選別と

数を減らす作業を急がないと、産卵も止まってしまうでしょう。

この選別作業ですが、急激に数を減らしてしまうと、バランスが

崩れてしまいますので、毎日少しずつした方が無難です。


同じ様なセッティングで、M水槽(18㍑)、L水槽(23㍑)
 
45㎝水槽(36㍑)のを各1本ずつ、追加でセットしましたが

どれも、抱卵や稚エビの生育には、申し分のない状態に仕上がって

います。

45㎝水槽は、サンタ血統+六畳一間血統のアウトブリードの

メス15匹が全て抱卵状態ですので、歩留まりが良ければ、

一気に水槽が飽和状態になると思います。水草の状態などから

水槽は非常に良いと思われますので、楽しみです。


あくまで、私のセッティングの方法ですので、参考にして

頂ければ、嬉しいです。

無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

美しさの維持!!

2012-02-18
寒いですね。

さて、前回の記事の続き的な、内容になりますが、

少し、書いておきます。

良いエビの条件は、たくさんありますが、簡単に

まとめます。

①綺麗
②大きい(=長寿=強い)
③多産

この3条件が揃った血統が、良いエビを生み出す事が

出来ます。

 エビは、比較的、近親交配に強い生き物だと、感じていますが

産卵のサイクルが非常に短いので、早く累代が進んでしまいます。

もともと、飼育しているエビなんて、いったい累代が、どこまで

進んでいるのか?不明です。幸い累代障害もなく、非常に健全な

血統でしたが、ここに来てやや陰りが見えてきました。


 私の知っている限りでは、この系統は、7年以上前から、他の血統を

入れずにインブリードしています。まあ、「ここまで良く持ったなぁ」

ってのが、正直な感想です。それだけ強い血統だったのでしょう。

この血統を絶やすのは、もったいないので、違う血統が必要になる・・・。

そこで、私の場合は桜心さんのサンタ血統をえびました。

これで、アウトブリードは出来るようになりました。



次は、掛け戻し用の、黒エビの確保です。

黒エビは2系統いますが、こちらも強化が必要です。そこで

エビランドさんの血統を入手しました。

さて、ここまでで、何本の水槽が必要でしょう?

1本目:六畳一間血統(イン)
2本目:桜心さん サンタ血統(イン)
3本目:六畳一間メス+サンタ血統オス(アウト)
4~6本目:イン稚エビ用
7・8本目:アウト稚エビ用
9本目:エビランドさん黒エビオス+サンタ血統メス


黒エビも同じ事をしますので、およそ20本程の水槽が

最低必要になってきます。これに、選別漏れが入ると・・・。すごい数ですね。


なんで、稚エビの水槽が、そんなにいるのか?

本当は、メスによって、表現が変わりますので、できれば

1腹ごとに稚エビ水槽を作りたいのですが、そこまでは

無理ですので、定期的に稚エビを取りだして、色や発育の

傾向を見ています。

したがって、私の水槽は全て、小さいのです(泣)

でも、上手く作れば、M水槽(18L)で、300匹程度は

収容可能です。

しかし、これだけしても、完璧とはいかないのは、エビ飼育の

面白いところです。

手をかけただけ、答えは返ってくると思います。

逆に手をかけないと、いくら良い血統でも、だんだんとグレードは

確実に落ちてしまいます。日頃の選別が大事になってきます。

水槽の数が、作れないなら、オスだけの選別でも、結構いけると

思います。


この写真は、ここまでの文章となんら関係ありません(汗)

セミ

意外に、人気のない蝉の抜け殻です。


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村





ここまで、色があがりました。

2012-02-18
皆さん こんばんは

今日は、エビの色の変化について・・・。

ちなみに、効果的な色揚げ方法って?私にも判りません。

ただ、以前にも書いたかも知れませんが、血統によって

成長に伴う色の変化が、分かれるのは、確かにあると

思います。

成長に伴って色が、濃くなっていくのが、世間で認知されている

いい血統だと思います。

それと、サイズです。

のびのびと育って、どっしりとした個体。こんな個体に色が

伴えば、見ていて綺麗で迫力が、あると思いませんか?

世間には、多くの綺麗な系統が存在しますが、それが高い

次元で揃っているれば、最強でしょうね。

エビ3

桜心さんのサンタ血統もやっと、ここまで大きくなり、色もけっこう

ハッキリとしてきました。少しずつその片鱗を見せてきたと

言うと所でしょうか? 

エビ2

けっこう綺麗になってきたと、思いませんか?

まあ早い話が、親バカです。

サンタ血統とて、このままでインブリードしていると

小さくなってしまうでしょうから、もう1系統きれいな

血統がいますので、その子達ともアウトブリードで

別系統を作っておかないと、後で苦労します。

それと、同時に黒エビとの掛け戻しも必要です。

さてさて、あと何個水槽がいるのでしょうか?

楽しみでもあり、頭の痛いところです(笑)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


カラスガイが・・・受精しちゃった・・・その後全滅?

2012-02-16
カラス貝を、2つ入れていたら、どうやらペアだったようで、

産卵と同時に、水槽が精子で真っ白に!!

当然、水槽のはじっこには、こんなのがくっついている状態に・・・。

貝産卵1

これを取って、顕微鏡でみてみたら・・・。

まんま、貝じゃん!!

それも開いている状態で、中身がモゴモゴしたり、

パタパタと羽ばたく様な動きをしています。

貝産卵2

こんなのが、かたまりで、くっついていたんですね。

貝産卵3


こうなれば、精子も見てみたい!!

探しました・・・。

そして、見つけました。

水槽の底のソイルから

貝産卵4

カラス貝の精子は、頭の方が、長方形なんですね。

ちょっとビックリです。

ちなみに、エビのブリードには、全く必要ない知識です。



しかし、たくさんの稚貝が、ソイルの中で大きくなったら・・・。

次のリセットで、潮干狩りができる!!

楽しみ~~~~!!なんて、お気軽なことを思いながら

翌日・・・稚貝の抜け殻だらけ・・・なんで?。



この水槽は・・・ひょっとして・・・立ち上げ2週間・・・

亜硝酸は? 少し出てます!! 

と言うことで、稚貝は全滅しました。

少量でも、さすがに稚貝には、致命傷だったようです。




そりゃそーですよね。

かわいそうなことを、してしまいました(反省)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


赤虫パーティ

2012-02-15
みなさん こんばんは

先に、断っておきます今日は綺麗な個体は

出てきません。
あくまで食事風景の観察です。


今日は、本当に久々に、赤虫をあげました。

滅多にあげないので、活性の高い水槽は

うれしさのあまり、パニック状態になってます。


下の写真の様に、ゆうゆうと召し上がっている

抱卵ママさんもいます。

ちなみにこの卵達のお父さんは、ブラックダイヤさんです。

最近は、ファンシーやホルスタインの名前で、新しい表現の

可能性に挑戦しているので、私も実験も兼ねて、挑戦して

見ようかと思っています。

赤虫4


さすがにこいつは、欲張りすぎです。3匹ほど引きずって

逃げながら食ってます。目の表情が、何となく情けなく

見えてきます。

赤虫6



当然、赤虫は個体の数より少ないので、あちこちで

赤虫争奪戦が起こっています。

赤虫2

美味しいんですかね?

赤虫1

たまには、動物性のタンパク質も必要だと思います。

稚エビの歩留まりが、悪い水槽には、冷凍の「ブラインシュリンプ」を

あげるのも良いと思います。(これはけっこう使ってます。)

パンダ系にも、有効なエサですよ。

無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村







ミクロの世界で~す。今回は茶ゴケと緑ゴケ!!

2012-02-14
こんばんは

最近は、楽しみにして頂だいている方も、いらっしゃるようで・・・。

頑張らねば・・・。

でも頑張ると、しんどくなるので、適当でいいですか?



さて今回は、皆さんの水槽にも、多少でもあると思う

茶ゴケ緑ゴケです。

まずは、茶ゴケ

チャゴケ1

これは、水槽の壁面にたっぷりと付いていたので、こさぎ取ったら

こんな感じで、とれてきました。

けっこうたくさん取れたので、視野がゴチャゴチャしてます。

楕円形の茶色の物体が、多数あります。透明なのもありますが

これは採取の時に、つぶれてしまい、中身が出たため、殻の

部分だけになった為です。

1個だけ、拡大してみると。
チョゴケ2

こんな感じの、藻類です。藻類といっても、長く伸びないので

これが壁面にビッシリと並びます。

したがって、ベッタリとついた状態になります。


次は、緑ゴケです。

ミドリゴケ

コケのサイズは、茶ゴケよりも かなり小さいので

撮影も難しくなってしまいます。

形は、同じく楕円形ですが、両端がとがっています。

判りにくいですが、緑色をしています。

コケがつくと稚エビは、ここにくっついていることが

多いので、良いエサになっているかも知れません。



コケについては、つくのを防止するか?ついたのを取るか?

以前は、あまり気にしていませんでしたが、石巻貝を

入れた水槽は、ピカピカです。

入れていない水槽が汚くコケコケになって、気になり

出しましたので、石巻貝を採取に出かけようかと思っています。

防止策は・・・


難しいので・・・


見なかった事にするか?


気にしないことです(笑)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村






春はもうすぐ!!

2012-02-13
皆さん こんばんは

今日も寒かったですね。

少し時間が取れたので、昼前からヘラブナ釣りに行ってきました。

さすがに、冬の釣りですので、前回と同じく数匹で終了~~!!

のんびりと、しながら、頭の中はエビのことで、いっぱいです。

ヘラ池も暖かい時期なら、足下にスジエビが、エサのおこぼれを

ひらいに来ているのですが、さすがに寒い時期は、全く見えません。



歩いていると、甘い香りが・・・。風上に目を向けると・・・

ロウバイ

蝋梅(ろうばい)です。寒い時期に花をつけますが、正確には

「梅」の仲間ではないそうです。

季節は、着実に春に向かっています。この前、寒くなったと思えば

もう春なんですね。

毎年、冬が短くなっているのではなく、だんだんと年齢を重ねた

結果、そう感じるんでしょう(汗)




エビの水槽も少なからず、季節による変化はあると思いますが、

意外と周期的な変化をしていることに、お気づきでしょうか?

壁面のコケが増えたり減ったり、茶ゴケ → 緑コケと種類が

かわってしまったり・・・。

エビの色も変化しますよね。濃い日もあれば、少し薄くなったかな?

って感じる日もあります。

言い換えれば、「色が全く変わらないエビはいない!!」少し考えれば

判ることですが、プラスチック製品ではありませんので、色や活性は

1日の中でも変動しています。



無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

初公開?ミクロで迫る!!アマフロのボワボワ!!

2012-02-11
皆さん こんばんは

さて今日は、アマフロなどの浮き草の、ヒゲ根につく茶色の

ボワボワの正体に迫って見たいと思います。

あの~~~マニアック過ぎませんよね。仮説や私見も多いの

適当にご覧下さい。

下の写真は、少しだけゴミの様な物が、付いていますが、

ほぼ正常な状態のヒゲ根です。

ヒゲ根自体は、肉眼では細かい所までは、ハッキリとは見えません。

ボワボワ2

これを、拡大して観察すると・・・。

ボワボワ3

まあ、予想どおり、ほとんど何も付いていない状態です。

しかし、この写真ならどうでしょう?
ボワボワ1

明らかにヒゲ根は、肉眼でその先端まで確認できます。

また、色もやや茶色になっています。なぜ、目視出来るように

なったのでしょう? 

それが、明確になるのが次の写真です。
ボワボワ5

ヒゲ根から、突き出るように、やや黄色~茶色の立方体が、

たくさん観察できます。

この立法体は、おそらく珪藻仲間で、植物性プランクトンと

思われます。これが、ヒゲ根のまわりに付くことによって

茶色にみえ、見た目の直径が太くなるので、肉眼で確認できる

「ボワボワ」となるのです。

植物プランクトンが付くと、当然、食物連鎖がはじまりますので

こんな生物も観察されます。
ボワボワ6

ほとんど透明ですが、オレンジ色の点々をまとった

細長い線虫の仲間でしょうか?非常に活発に動き

まわっています。(キモイ・・・)

それに、今回は珍しい生き物も、発見しました。
ボワボワ7

アメーバの仲間です。動きは非常にゆっくりですが、偽足を

だして、移動していきます。

食物連鎖は細菌やプランクトンを、基軸として、非常に小さな

エリアでも、成立してしまうんですね。

そもそも、「ボワボワ」は、水槽のバランスがやや崩れた状態で

見られる事が知られており、多くの飼育者が指標にしています。


ただし、この状態になったからと言って、直ぐにエビに影響が

あるかと言えば、それは当てはまらないことも、ありますので

神経質になる必要はないように思います。

植物プランクトンの増加は、水槽の富栄養化の影響もありますので

水換えや、ソイルを洗うなどの処置も有効なこともありますが・・・


放置と言う手もあります(笑)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



水草が先か?爆殖が先か?

2012-02-09
こんばんは

仕事帰りが、遅いので更新は、いつもこんな時間になってしまいます。

皆さんも気づいていると思いますが、水草が生き生きとしている

水槽はエビの調子も、良いことが多いですね。

そんな水槽は、比較的良く増えて、小さな稚エビから親まで

まんべんなくいることが、観察されます。

まんべんなくいると言うことは、連続で産卵している事を意味して

いますし、稚エビの歩留まりも、一定で推移していると思います。

そうなれば、水槽を作る時に、まず気にしなければいけないのは

エビの事ではなく、水草の事を考えた水槽を作るのが、近道だと

思えてきます。

もちろん、全く水草が無い水槽でも、エビは増えますが、安定感は

感じられず、トータルでは水草の繁った水槽には、勝てないように

思います。

下の写真は、セットして1ヶ月ほどの水槽です。
水草

抱卵の親を入れていますので、既に稚エビも少しいます。

セットしたての水槽なので、水草は短い目ですが、これが

どんどん、伸びて行くに従って、エビが増えていきます。

そこで、ふと思ったのは、確かに、水草のたくさんはいっている

水槽はエビは増えますが、それは水草が増えたからエビが

増えたのか?エビの排泄物などで、水草の栄養が増えたので

水草が増えたのか?・・・水草が先か?爆殖が先か?

水草1

この水槽は、まんべんなくエビが増えて、水草も繁っています。

水草を植えるセンスは、皆無ですので、縦においている水槽の

半分から奥は、未知の世界となっています。

エビの飼育で、けっこう嫌う人がいる「止水域」になっているかも

しれません。多分、そうなっていると思いますが、流木や

溶岩などで、止水となっている部分は、確かに良くないのかも

知れませんが、不思議と水草で流れが、抑えられている部分は

決して、止水=死水とはならないように思えます。

それは、水草がもっている生物としての、僅かな波動や表面に

活着しているバクテリアなどの、作用もあるのかも知れません。


水草が先か?爆殖が先か?

答えは判りませんが、どちらも正解かもしれません。

言い換えれば、

「水草がエビを育て、エビが水草を育む」

要は、小さな生態系のバランスを、いかに水槽の中で再現し

維持していくのか?導き方は、たくさんあると思いますが、

到達点は同じですね。

私の場合は、ヒントは自然の中にあると思っています。


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



天然物 自力採取!!

2012-02-08
皆さん こんばんは

まあ、いまさら天然物と言っても、クレソンやらカラス貝なんかを

入れているので、新鮮みはないかも知れませんが・・・。

紹介していない写真がありましたので、載せておきます。

下の写真は、石巻貝です。

産地は三重県熊野産で、いたって簡単に採れました。

貝

面白いのは、水槽に入れると、はじめは環境に慣れないのか

よくガラスからはがれ落ちて、ソイルの上に転がっていましたが、

最近は、水槽の構造の学習ができたのか?全く落ちなくなりました。

採取場所も河口から200mほど上がった、淡水域での採取でしたので

淡水に慣れやすいか、1匹も死んでいません。

一応、各水槽に1個ずつ入れて丁度良いくらいです。あまりたくさん

入れると、コケがなくなりすぎて、エサが無くなってしまいますので

餓死してしまいます。


さて、下の木の実は何でしょう?

ヒノキの実

パンダの稚エビ水槽に、入れているヒノキの実です。

なんで、ヒノキの実を入れているのか?・・・特に意味はありません。

クレソンを採りに言ったときに、川の中に沈んでいたので

なにげに、持って帰ってきました。

ここには、水草も何も入ってないので、余りにも殺風景なんで

入れてみました。

良いのか?悪いのか?判りませんが、稚エビは至って順調に

大きくなっていますので、オブジェも兼ねて、また拾って

こようかと思っています。

次は杉の実を入れてみようかな?


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



指令!! サンタ部隊 水槽を掃除せよ?

2012-02-08
皆さん、こんばんは

以前に紹介した、カラス貝が産卵してしまった水槽の

経過報告です。

下の写真の水槽が、卵+粘液で大変な事になってます。

カラスガイ産卵3

これを、ながめていて、どーしたもんかと、悩みつつ・・・。

思いついたのが、「稚エビに食べたせたら、大きくなるかな?」

また、悪い実験グセが出てきました。

となれば、中途半端なエビを入れても、面白くないので

絶好調のサンタ血統に、「お掃除指令」をだしました!!

50匹の7mm程の稚エビを水槽に、放したその翌日には

こんなに綺麗になってます。

卵1

凄い!! 卵も粘液も全て食べてしまっています。

もちろん状態もGood!!

けっこう、いいエサになっているようですね。

貝の卵って栄養ありそうですし、また、産卵しないかなぁ~~。


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

綺麗な黒エビがやってきた。

2012-02-07
こんばんは、

私の所にもたくさん、黒エビがいますが、さらなる高見を

目指すべく、どうしても入手したい血統がありました。

それが、エビランドさんの血統です。

色の綺麗なエビはたくさんいますが、体格が非常にいいので

どうしても欲しかったんです。

そう思っていた所に、桜心さんが、ナイスタイミングで出品して

くれたので、必死で落札しました。

その黒エビが届いたので、早速温度あわせです。

水あわせは基本的にしない主義ですので、プリンカップに入れて

洗濯バサミで止めて、20分ほど温度をあわせて、ジャー!!っと

入れてしまいます。

黒エビ1

到着直後でも、この発色です。さすがに濃い血統は

色が抜けた状態でも凄いです。

黒エビ2

奥の方には、おまけで付けて頂いた個体も、数匹います。

これも、レベルが高い個体ばかりです。

下の写真は、到着から5時間程度経過した、状態ですが

しっかり発色しています。(遠くにいたので写真は悪いですが・・・)


黒エビ3

こうなれば、デジイチ投入~~~!!

まあ、さほど上手く撮れませんが、それなりに・・・。

黒エビ4

この血統を維持しながら、数が増えたら赤エビと交配させて

綺麗な、赤・黒水槽を作りたいと思います。



無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

ボーズ後、クエGet!!

2012-02-05
皆さん こんばんは

昨日から、同業者の有志で和歌山の日高町にいってきました。

集合時間は、夕方なのですが、釣りをしたい私は、お昼には

海を目の前にしておりました。

まあ、のんびりとお魚さんと遊べればいいかな~っと思い

阿尾漁港で釣っていましたが・・・。

アタリもない・・・。エサも無くならない・・・魚は釣れない。

さすがに我慢できずに、いつもの実績場の方杭漁港へ移動

       ↓

釣り2

ここなら、過去5年間、「穴釣り」のカサゴ狙いでは、いい思いを

させてもらっているので、大丈夫だろうと、穴釣りスタート!!

しかし、どの穴も、テトラの間も・・・お留守です。

どこもかしこも、何もいません。

のんびりどころが、いつしか真剣に、一生懸命釣っていました。

それでも釣れません。

釣り1

そんな、私にもついに!!

やっと!!

高級魚のクエがきたー!!
   ・
   ・
   ・ 
   ・
   ・


クエ鍋ですが、何か?

クエ鍋1

今回の目的は、恒例の「クエ鍋」です。

今年でもう5年連続て来ています。天然のクエの美味しさは

格別です。ここのクエ鍋は、まず「ブリしゃぶ」が前菜で

その後、クエ鍋に突入します。最後は当然、雑炊で〆となります。

今年のクエも絶品でした。

と言うことで、帰りには、既に来年の予約もしてきました。

クエ鍋3

さてさて、明日はエビの事で、更新しますので

しばらくお待ち下さ~~い!!


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

Good job!! よく頑張りました。

2012-02-04
常備食

1月の初めに、入れたカニの爪です。

いつも、冬期限定のおやつで水槽に入れてますが、1ヶ月近くたつと

カニ

ここまで、頑張りました。

毎日コツコツと、食べ続けて、ここまで工事か進みました。

カニ2

工事中です。

それにしても、ガッツリと食べましたね。

さすがに、爪の先は硬いので、なかなか無くなりませんが

その内、綺麗に食べてしまいます。

Good job!!

無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

久しぶりのデイジチ

2012-02-03
本当に今日は寒かったですね。

今日は当直明けでしたので、一日眠い状態でした。


久しぶりにデジイチを、引っぱり出して撮影してみました。

水槽のガラスを磨かずに、撮影したため、ややぼけた写真に

なってしまいましたが、ここでひとつ感じたことが・・・。

デジイチは、ある意味、残酷な写真が撮れてしまいます。

見た目に綺麗なエビでも、実際に撮影してみると、普通なら

見えない色の薄いところや、粗い部分がガッツリ写っています。

下の写真は、桜心さんのサンタ血統ですが、さすがにこのクラスに

なると、実物も綺麗ですし、写真も綺麗に写ります。

稚エビでこれですんので、大きくなったら・・・楽しみです。


桜2

下の写真なんか、なにげに撮影したんですが、足が赤写ってますが、

さらっと肉眼で見ただけでは、そんなに赤くありません。

少し暗い水槽なので、露出を解放していると、奥はボケてしまいます。

特にこのマクロレンズは、ボケ気味な写真が得意なレンズですので

仕方ありません。


カメラ本体のISOが、3200以上に設定出来る物がいいのですが、

私のは古いので1600が精一杯です(泣)


アカアシ

デジイチはごまかしが、効かない分、綺麗なエビを撮るのは

いいのですが、中途半端なエビはショックが大きくなって

しまいます。

その証拠に、エビをはじめた頃に、上手に撮影出来ないのは

レンズが悪いはずだと、3本もマクロレンズを買いましたが

当時は、エビのグレードが低いのが、原因だと言うことを

認めたく無かったのかもしれません・・・(汗)

最近はやっとデジイチの撮影に、耐えるレベルのエビが

増えて来たので、良いのですが・・・。


根本的に撮影が下手なのは、隠しようがありません。(笑)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

少し前に植えたクレソンが・・・伸びてます。

2012-02-02
皆さん こんばんは

明日から明後日は、非常に寒くなるそうで、通勤などお気をつけください。

奈良も最高気温が、2℃・・・って冷蔵庫の方が暖かい!!



さてさて、少し前に植えたと言いますか,貼り付けたと言いますか、

川から採ってきたクレソンなんですが、思いのほか伸びてます。

下の画像が、植えつけた直後の写真ですが・・・

クレソン5

あれから、1週間ほどで、こんな風になってしまいました。

カラス貝は、奥の方へ移動してしまい、写真にはほとんど写ってません(汗)

クレ

奥の方に、ミリオフィラムやマツモ(桜心さん血統)を、追加で

植えていますが、異常な早さで、クレソンが成長しています。

吸盤を毎日、下へずらしていかないと、すぐに上のガラス蓋に

届いてしまいます。

少しだけ、水面に出るように調整していると、水中の葉も

枯れる様子はありません。

クレ1

もう少しで、根がソイルに届きそうです。葉はさすがに

水にさほど栄養が無いのか? 小さめですが、これほどの

スピードで成長するとは、思ってもみませんでした。

脇芽もどんどん、伸びてきますので、剪定方法に悩んで

しまいます。

生長点を切れば、横に伸びてくれるといいのですが・・・。

まだ、エビは入れておりませんが、多分・・・食べちゃうでしょうね。

私が見ても美味しそうです(笑)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



パンジー水槽がアマゾン化!!

2012-02-01
皆さん こんばんは


さすがにパンジー水槽を、作業台に置いたままにはできませんので

隙間におしこみました。こうすると、よけいにその色が目立ちます。

ほぼ、アマゾンの水色です。(行ったことはありませんが・・・。)

アマゾン1

近寄って見ると、視界は取りあえず確保できており

単なる濁りではなく、タンニンによる茶濁りです。

土の表面には、木の枝のようなバーク堆肥がたくさん

みえています。これが原因ですね・・・。

アマゾン4

問題の導電率はっと・・・

アマゾン2

「145ppm」!! 下がっている!!

肥料成分は、ほぼ抜けたようです。これなら何とかなります。

後はタンニンとの戦いになります。通常なら吸着系のソイルを

足して、吸着させればある程度は、押さえる事ができますが、

ソイルは使いません。

方法は2つ考えています。1でダメなら2を試してみます。

 1:底面を止めてスポンジ又は、水作などのフィルターに変更。
   水換えで、改善を期待する。

 2:底面のままで、園芸の「赤玉土」を追加して、表面にひく。
   バーベキューの炭を入れる。もちろん水換えも。

ちなみに、水の粘性はまだまだ、高いようで、下の写真の様に

まだ、アワ切れが悪い状態が続いています。
アマゾン3

基本的に安価で作れなければ、意味がありませんので

出来るだけ、節約してみます。


これをご覧になっている、皆さんは決してまねはしないで下さい。

あの水の色は、簡単に飼育者の心を折ってしまいます(笑)


無謀にもランキングに参加しております。ご訪問の際は
ポッチッとしていただくと、助かります(笑)
    ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!!水槽は40本ありますが、小型水槽が好きですので、エビの数は・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。