スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

エビ撒き…ホントに撒いただけ?

2017-02-23
まあ、天気は良かったのですが、

見事に撃沈です。

3人がかりで子メバル1匹(笑)

次頑張ります‼


スポンサーサイト

マルバネクワガタ属の特定外来生物指定が検討される !!

2017-01-29
国産マルバネは、国内希少野生動植物種に

指定され原則採集や譲渡が禁止されているのは

下記の3種類です。

    オキナワマルバネ
    ウケジママルバネ
    ヨナグニマルバネ


採集が禁止されているのは

    石垣産ヤエヤママルバネ、
    石垣産チャイロマルバネ、
    奄美大島・徳之島産のアマミマルバネ

などがありますが、この年度内で 外国産マルバネクワガタの

特定外来生物に指定される可能性が出てきました。

これが認められると、販売譲渡や飼育までもが禁止される事に

なりますので、残念なことになります。


国産マルバネの状況と大きく異なるのは、

「飼育の禁止」です。

申請すればその個体が★になるまでは、飼育できますが

繁殖はできませんので、少し飼育期間が長くなるだけで

実質的な飼育の中止を迫られる事になってしまいます。



以下の指定種(予定)及びその亜種も同様の扱い。

・マキシムスマルバネクワガタ
(マキシムマルバネクワガタ)
Neolucanus maximus

マキシムス1


・ペラルマトゥスマルバネクワガタ
Neolucanus perarmatus

・ギガンテウスマルバネクワガタ
Neolucanus giganteus

・マエダマルバネクワガタ
Neolucanus maedai
ヤマダマルバネ1 - コピー


・カツラマルバネクワガタ
Neolucanus katsuraorum

・ウォーターハウスマルバネクワガタ
Neolucanus waterhousei

・バラデバマルバネクワガタ
Neolucanus baladeva

・アングラトゥスマルバネクワガタ
(アングラトゥスマルバネクワガタ)
Neolucanus angulatus

なんとかこの範囲の規制で終わってくれれば良いのですが・・・。

アカマルバネやラトゥスマルバネは大丈夫そうですね?

傾向的には国産マルバネと雑交しそうな種類に限られている様に

思いますので、この選択になるようです。


そうそう、当方もマエダマルバネを販売しておりましたが、先ほど

オークションの削除をしています。まだ、決定ではありませんが

楽しみに買っていだだた方に、ご迷惑をかけるといけませんので、

すぐに対応しました。

↓   ↓   ↓
お問い合わせが多いので、格安で出品致しました。

特定外来生物の飼育を、ご理解頂いている方のみに

お譲り致します。

お散歩

2017-01-28
ちょっと、和歌山に用事があったので、

ついでに紀の川河口付近を散歩してきました。


散歩だと言うのに、なぜかフル装備のフィッシングスタイルの

おじさんがいました(笑)   まあ、手ぶらで散歩もどうかと

思いますので、仕方なしに釣りながら歩いてみました。

IMG_kibire2.jpg

まあ、人が少ないったらありゃしない!!

さほどいい情報があったわけでもありませんので

冬の時期は無理もないかも知れません。

でも、今日は本当に気持ちの良い暖かい日和です。

IMG_kibire3.jpg

次に、紀の川に行ったら試してみたいルアーがあったので

それで攻めまくります。

遠投して底付近をミノーの様に泳がせたいと思い

チョイスしたのが、アダージョ ヘビー105です。

狙いはヒラメなのですが、ゴン!ゴン!!とヒット

したのは、大きなキビレちゃんです。

IMG_kibire.jpg

43センチ程あり、キビレにしてはそこそこ肥えて

いますので、当然キ~~プ!! 今晩ゆっくりと

頂きます。 

メニューは、お刺身、アラは煮付けかお味噌汁にして、

塩焼きも少し作れそうです。+゚。*(*´∀`*)*。゚+



あっそうだ・・・・アダージョヘビー・・・殉職しちゃたんだ (T_T)

いいルアーは、結構消耗が激しいですね。ダメなルアーは

無くならないのに・・・・そりゃ~使わんと無くならんわな(爆)

初釣りに行ってきました。

2017-01-03
今週末は、天気が怪しいので頑張って初釣りに行ってきました。

場所はいつもの紀の川の河口です。

最近の情報では、けっこう海に近い所が好調との事ですので

素直にそちらに向かいます。



このポイントは歩きながら、広範囲を探る場所ですので

歩き回って探りますが、近距離はプレッシャーが高いのか

全くアタリもなく、大遠投してやっとヒットに持ち込めました。




サイズは55センチほどで、なかなかのサイズでしたので

もちろんキープして今晩の鍋ネタが出来ました。

その後は、メッキがアタックしてきますが、手前で

ポロリ・・・(T_T)


そんなこんなで、しっかりと歩いて、しっかりとキャストして

いい運動にもなりましたので、14時頃に納竿しました。


取りあえず、初釣りでホゲなくて良かったです。


ギネス血統本土ヒラタ幼虫 菌糸ビン入れ替え

2017-01-02
※カメラを持っていくのを忘れたので、画像はありません。


21℃で管理している第2ブリードルームの

ギネス血統本土ヒラタ幼虫の菌糸ビンを5本だけ

入れ替えました。



外から見て、オスとわかる個体のみの、入れ替えでしたが

初令から、3ヶ月たらずで28g~33gと予定通りの大きさに

成長しておりました。



ほとんど850ccの菌糸ビンなので、まあ、こんなもんかな?って

感じですが、33gだけはは、余っていた1500ccに入れていた個体

ですので、やはり余裕がある方が大きくなりますね。


幼虫は、真っ白でまだまだ大きくなりそうですので、80mmアップは

なんとかなりそうです。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
プロフィール

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!!水槽は40本ありますが、小型水槽が好きですので、エビの数は・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。