FC2ブログ

石垣・西表・・・釣り

2020-10-27
今年も何とか石垣~西表に行けました。

コロナの影響もあって、冷や冷やしましたが

少し落ち着いてくれて良かったです。



チャマルとヤエマルも狙いますが、

過去10年の裏年のチャマルは、ほぼ採れて

いませんので、今年は釣りメインです(笑)

夜の山へは天候が悪く入れずでしたが、

知り合いに、標本にならない小さなヤエマルを

頂いたので、ワイルド品のブリードは出来そうです。

あとは仲間川林道あたりを散歩してきただけで

大した、虫には出会いませんでした。

IMG_20201015_134634.jpg


石垣に戻ってからは、ほとんど連日、名蔵のヤンバルに

貼りつき状態で、川の中を歩き回って、一日中ルアーを

投げて、疲れたら車に戻って休憩して、また川に降りてを

繰り返しておりました。

IMG_20201017_131337.jpg

今回の最大の目的だったのが、このマングローブジャックです。

過去にも何回か釣りあげているものの、パターンがつかめず

散発的にヒットするだけでしたが、今回はやっとパターンが

分かったので、毎日、数匹はヒットさせる事ができましたが

サイズは、最大で35cm前後しか出せませんでした。

カヌーで出れば、かなり期待できそうなので、時間が取れれば

年末までにもう1回チャレンジしてみます。

IMG_20201017_125905.jpg

IMG_20201018_141926.jpg

後は、小さなファイター達が遊んでくれました。

今回はモバイルロッドを数本持ってきましたが、

次は、いつも使っているロッドを持ってくるつもりです。

やはり、モバイルロッドには制約があるので、どうしても

思い切ったファイトが来ませんし、高額なモバイルロッドは

とても買う気になりませんので、国内の離島には普通の

ロッドを持ち込む方が良いでしょう。


今回は、「虫採り」ではなく、「魚釣り」で遅い夏休みを

楽しんできました。 今年は一人でしたが、来年は

表年なので、奥さんも協力してもらってチャマルを

探すのと、奥さんの目標でもある「イリオモテヤマネコを

見てみたい」をなんとか叶えてあげたいと思います。

昼間はチャマルをさがして、夜はイリオモテヤマネコを

探す・・・何か変ですね(笑)




スポンサーサイト



ラトゥスマルバネのハッチアウトが始まりました。

2020-07-07
数年前にむし社から、ワイルドを購入して

チマチマと累代して、やっとF2の成虫が

ハッチアウトしてきております。


オークション画像です(笑)


アジアに広く分布する小型のマルバネですが、

なかなか日本に入荷がありません。


このタイプに共通するのは・・・

 ■ 昼間にウロウロして歩き回る。

 ■ 赤枯れマット(マルバネマット)では爆産しない(少しは産みます)

これって・・・何かに似ていませんか?

チャイロマルバネの生体にそっくりなんです。

まあ、厳密に言うと完全にチャマル専用に作ったマットでは

産まないんですが、チャマルとヤエマル等の中間的な

マットのレシピにしてやれば、けっこう産んでくれます。


何の手がかりも、ネット情報も無いクワガタの場合は

産地の状況を想像しながら、産卵環境を整えていく必要が

あるので、想像力がものを言います。


ラトゥスマルバネや近い種類のパリ―マルバネなんかは

アジアに広く分布するので、当然ながら「赤枯れ」に

依存しているわけはありません。

しかし、ヒラタクワガタの様に、朽木に入るはずもなく

何を食べるのかと考えると、どこにでもあって簡単に

利用できるもの・・・森の木の根元の腐葉土などが

降り積もってできた腐食土壌(林床土壌)が主な

生育場所となるはずです。


単純に林床土壌といっても、真っ黒で栄養価の多い土壌もあれば

逆に栄養価の少ない土壌もありますが、ラトゥスマルバネに

関しては、栄養価が少なければ小型に、多ければ普通サイズに

なるようで、あくまで土壌がベースです。

チャマルよりは飼育しやすいですが、このタイプのマルバネを

飼育する事は、チャマル飼育の大きなヒントがありますので

そういう意味でも面白いマルバネです。


あとは、アカマルバネ、ドロマルバネ、ニテドゥスマルバネなんかの

産卵飼育も、これを応用出来るかも知れませんが、ワイルドの入荷が

ほとんど無いのが辛いところです。







久しぶりのアブデルス

2020-04-05
もともと小さなクワカブが好きなのもあって

ヤフオクでポチってしまいました。


昔に飼育はしていたので、要領は

分かっているつもりでしたが、色々と

忘れていることもあって危うくメスを

殺される所でした(汗)



小さなカブトですが、オスの気性は

荒く、ペアリング中にメスを串刺しに

してしまうこともあるのが、このカブトの

最大の難点かもしれません。

abu1.jpg

メスは助け出しましたが、私の指に

しっかりと角が食い込んで、流血しました (T_T)

2メスセットしましたので、何とか産んでくれると

良いのですが・・・。

ちなみに私よりカブト好きの息子のテンションが

上がっているようでした(笑)


早春の室生ダム

2020-03-03
さほど暖かくなっていないのに、3月に入ると

ダムのヘラブナが気になって仕方ありません。

深場から浅場に、乗っ込みが始まって、やがて

水温の上昇と雨の濁りに誘発されてハタキが

始まります。


個人的には、産卵中のハタキの釣りは嫌いです。

スレが多くなるのと、なにも産卵直前の個体を

狙わなくても・・・って思ってしまいます。




この日も2日前の雨の影響で、良い感じに

濁っています。今年は水温が高いので

エサ取りのハエジャコが異常に元気で

釣りづらい状態が続きます。

IMG_20200302_110346.jpg

竿は18尺で棚は底まで約3本の

比較的深い場所での釣りです。

ハエジャコと格闘していると

突然、、スパッとウキが1節入って

合わせと同時にがっつりと重みが

竿に乗りますが、首を振るような

引きで上がってきたのは、バス・・・(゚д゚)

IMG_20200302_111106.jpg

しっかりとグルテンを食ってました。

津風呂湖で、60cmのマイレコードの

バスも落ち込みでグルテンをひったくって

いったっけ・・・(笑)

散々バスもルアーで追いかけましたが、

マイレコードがグルテンって・・・。


そうこうしていると、コーヒーを飲みながら

見ていたウキがスポッと入りました!!

慌てて合わせると幸運にもしっかりと

重みが乗ってきます。

まあ、このウキの動きからの首振りで

上がってくるのは・・・。

IMG_20200302_120913.jpg

まあ、マブナですね。

サイズは35cmほどのデッカイマブナです。

ヘラブナでは無いけどそれなりに嬉しいです。

取りあえずフナが釣れたので、後はまったりと

釣りを楽しみます。

コーヒーを入れて先輩の所に持って行ったり

その辺をウロウロしたり・・・。


お昼はこんな感じです。

IMG_20200302_125246.jpg

シングルバーナーで安いお肉を

焼いて、塩コショウでご飯を頂きます。

ご飯もメスティンで、固形燃料を使って

自動炊飯しています。

安い肉でも、屋外で焼きながら食べると

なぜか美味しいです。本格的なバーベキューは

別にして、少量をオカズ程度に焼くならば

シングルバーナーに100均の餅焼き網がお手軽です。

 
釣りの楽しみも有りますが、これも楽しいので

結局、ダムでは早朝から暗くなるまで遊んでます。


ルアーで海に行く時には、ほとんど適当な

食事が多いのですが、今年からはガツガツと

釣るのではなく、トータルで楽しみながら

釣りに行きたいと思っています。


苦しみの末に・・・(笑)

2020-01-22
今年は暖冬のおかげで、水温の低下も

緩やかで、マゴチ・ヒラメに関しては

好調を維持しています。


まあ、好調と言っても、1回の釣行で

1~2回のヒットが有るか無いかですし、

夜明けのタイミングを逃すと、非常に

辛い事になります。


前回もそうですが、今回も友人は

早々に49cmのヒラメを手中にして

余裕です。(最近、やたらに早く釣る)


私は、ご想像どおり今回も、朝のタイミングを

逃してしまい、約6時間もがき苦しみながら

お魚を探してみましたが、雰囲気がないと

言いますか・・・釣れる気がしない ○| ̄|_



いったん車に戻って、腹ごしらえをしたら

上流の方から、なんとなくお魚の雰囲気が

漂ってきます。


友人には「あそこを攻めたら今日は終了にしよう!!」と

宣言して、上流へ・・・

バイブレーションを数投していると、手前から15mで

何かが触ったような感覚がありました。

ルアーをワームに替えて、底ギリギリをリーリングで

トレースすると・・・

ドカーン!!

派手にロッドをひったくって行ったのは

52cmのマゴチちゃん~~(^-^)/


ジグヘッド:静ヘッド14g
ルアー:エコギア バルト3.5インチ (ピンクグロウ)

いや~~本当によくぞヒットしてくれました!!

少しあきらめモードになっていたのですが、

「感」が見事に的中しました。


さて今回で昨年の12月から、6回釣行して

ボーズなしと言う実力をはるかに超える

釣果に恵まれておりますが、いつか来るであろう

ボーズの覚悟もしておかないと・・・(*^_^*)


調子が良いのは、いつまでも続きませんからねぇ~~(笑)




<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
プロフィール

六畳一間

Author:六畳一間
六畳一間のブリードルームで、奮闘中!! クワガタやビーシュリンプに囲まれています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ